FC2ブログ
PLH-6 ちくぜん の1
たいへん・・・
残念ながら、このキットではできない。

第11管区本部配属の「PLH-09 りゅうきゅう」は同型艦扱いとはいえ船体の線図も違う。
まったくの別物。

海上保安庁職員の皆様、勝手に応援企画!
で、次はこれをやることにします。「PLH-06 ちくぜん」。
「PLH-02 つがる」は、函館でたまに見かけるしね。

もっと大型高性能な船でお仕事していただいても良いくらいだ。
国境でのお仕事。

さて・・・

いづれ名乗り出ると思っていましたが、
海上保安官が例の件の方のようです。
第5管区の方とは予想もしていませんでしたが、職業上の一体感は当然あるでしょう。
本当に本人なのかは、まだ時間がかかりそうですが・・・

経営幹部に自己保身の為の不正があり、社会に迷惑をかけたなら内部告発するのは当然!
実務者と経営側(現場と政治家)はおのずと責任の取り方が違うとほざいて、
あの官房長官は早々逃げにかかっているようですが・・・。

状況があれでは、現場はやってられない。
非公開は「だれかがどこかに居つづけたい為」の作為だ、見え見えだったではないか。
国の為だとテレビでほざいた民主の議員がいたが、言葉に詰まっていたぞ。

問題はシンプル!あの映像に国家機密レベルのものはなにもない、「公開されるべき異常な情報」だな。
とっくに公開されてしかるべき、国民の財産だ。
すでに一部国民?(たまたま一時期、国会議員だという立場の方、怪しい方も含まれる)に公開され、その方々からマスコミに内容が公にされている公知の事実でもある。

今回とったやり方に形式的な問題は確かにあるが、是非は今回の事案の全体象から判断することだと思う。
国家機密保持の問題とはまったくの別件。

実行者の方は、事情を聞くのはともかく、当然!非拘束、不起訴だ。
次の国政選挙には立候補してもらいたいくらいだな。

ハ~~~

明日から函館三連泊、頭を冷やしてくる(笑)・・・
仕事は忙しいんですよ(大笑)。

今回のことで、誰が相変わらずの卑怯な態度をとる政治屋かジックリ見ていようと思う。
もっともらしいことを言う法曹関係者の売名行為にも注意だな。
スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 天気晴朗なれどFC2, All rights reserved.