ハセガワ 伊401 A級 ソリッドモデル
約1/160 伊401 ・・・

JNMC 妙高 ソリッドモデル
約1/600 妙高 ・・・

JNMC 大和 ソリッドモデル
約1/800 大和 ・・・
いただきました。

第6回北の艦船模型展!終了しました。
展示物の一部をブログに載せるのは後回し、会場でのお客様からのいただきものの画像です。

8月のHMEに来られていた御老人に、北艦のご案内を申し上げたところ、
「アンタにあげたいものがある」と言われたのですが、正直、忘れていました。実はお名前も存じ上げません。
会場に来られたその方が私を見つけ、「持って来たぞ!」で、いただいたのが彼女達です。

お孫様が28歳で、トヨタ自動車にお勤めとのことでしたから、80才は越えられていると思われます。
肌つやつや、酒もたばこもやらないが、〇は買う(笑)とのこと・・・エッ・・・
孫の顔を見て死にたいと、のたまい、その後、あんたいつまで生きている(笑)が、ご家族との会話だそうだ。
なぜか?アメリカ海軍の潜水艦学校のスクールキャップをかぶっておられましたな?
HMEのとき同様、今回もお話がはずんだので、勢いでありがたく頂戴いたしました。

1枚目は、ハセガワ 伊401 A級 のソリッドモデル モーターライズド です。
スケールは約1/160 全長は76㎝くらいになります。

2枚目は、JNMC(にしき屋飛行機店) 一等巡洋艦 妙高 ソリッドモデル。
スケールは約1/600.

3枚目は、同じくJNMCの 戦艦 大和 ソリッドモデルでスケールは全長が1/800、全幅が1/700くらいだな。

いずれも、昭和30年代のキットと思われ、当時はかなりの高額商品だったと推測されます。
大和には、当時の値札で500円と付いていました。

ハセガワはご存知の現在まで続いている昭和36年にプラモデルを発売したメーカー、
にしき屋飛行機店はその前年にプラモデルを発売しましたが、その後消滅しています。

これらのキットはそのくらいの時代のものですので、模型博物館でもあれば所蔵いただいても良いくらいの物でしょう。
パーツはそろっているように見受けられます。
さて、どうしましょうね~

さて・・・

再来年の「第7回 北艦」のお題は、「ソ連/ロシア」物に決まりました。
使いまわしはたくさんありますので、すでに準備完了?(笑)
新作も検討しなければなりませんね~
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 天気晴朗なれどFC2, All rights reserved.
まとめ