FC2ブログ
君川丸の?

お許しを・・・
いただくために、友人に訴えにいきましたな。

船体が短い「君川丸」の延長問題(国会ではありません)を解決すべく、どやってやればよかんべ?を見てもらいました。

こりゃ、厄介だね~と言ってもらったんで、一安心?。

そんなんで・・・

確かに後甲板に搭載できる水上機は少なくなるが、こいつの延長は難しいとのお許しをいただきました!かな?(笑)。
別の友人から、「なんだかんだ言っても完成させたら勝ちですよ」との御言葉を頂きましたしね。そのまま、やってもよさげな感じ。

それにしても・・・

キットの前後甲板の航空機運用軌条の配置とその為の追加甲板の形状には、らしく無さがあります。

そこはリューターでバサッと行くべきでしょう!とのアドバイス?、また、二式水戦の輸送時を選ぶならあのピンク色の機体ですよね?の当然の如くの言動などがさり気なく、行き交いましたな。
おまいら・・・、優しい(笑)。

そんなんで・・・、船体延長して、前後の甲板配置を換えて水戦!輸送時で完成させたらきっとすんごく誉められるかもしれないとの幻想が浮かんできましたな。いつも以上に酔っ払ってますね。

明日には、今日の分のブログは削除してそのまま作ろうと決意しているような気がします(笑)。
まさに、たわごと(笑)。

最近、疲れてるんですわ。
スポンサーサイト




選対もとい船体の延長問題の解決はお任せしますが、ピンクの二式水戦、絶対見たいです!
模型的にも映えること請け合いだし、ピンクの水戦、強力に推薦します!
【2007/09/23 10:22】 URL | Kazu #9K64Lzaw[ 編集]
ピンクの二式水戦…素性を教えてください。(あーみんなの知識についていけない!)

渡しそびれたソ連(ロシア?)潜水艦2隻在庫にありましたので、今度お渡ししますね。
【2007/09/23 17:17】 URL | fuji #-[ 編集]
自分のことは完全に棚にあげ、一言多い発言で、いつも顰蹙を買っている者です。

実物を拝見して、充分納得でございます。
ありゃ、むりだ!
【2007/09/23 21:50】 URL | …(@無責任一代男) #-[ 編集]
KAZU様 こんばんは

ピンク(藤色)の二式水戦が実在したかどうか?はともかくとして、「君川丸」は29機、「千代田」が5機を北方に輸送したことが確認できます。
是非、載せて見たいと思います。
【2007/09/23 22:16】 URL | 高○ #-[ 編集]
fuji様 こんばんは

ピンクの二式水戦は、古くはジョーハン72のコンバーチブルキット(21型との)の箱絵や、レベル32のアリューシャンタイガー(P40)の箱絵に描かれました。
米軍の交戦報告書に記載があるとのことで、ピンクまたは藤色の機体が目撃されているとのことです。

霧がかかった高緯度では、空は青ではなく透過性の高い赤系統の空に(夕日のようなもんかな?)なると想像されるので、初期のグレー系の機体が染まって見えたのかもしれませんね。

個人的には帝国海軍が戦闘機をその系統に塗るとは思えませんので、そう見えた!?のでは!が真実に近いと思っています。

今年、ハセガワが48でその指定色のキットを出したのですが、どんなもんでしょうね。

ちなみに手元にある「君川丸」船上やキスカ島の二式水戦の写真はいずれもグリーン系の通常迷彩の物ばかりです。

さて

KAZU様のお話にあるように、模型栄えから言うとやってみる価値は大いにあると思っていますので、挑戦してみますよ。
【2007/09/23 22:30】 URL | 高○ #-[ 編集]
・・・様 こんばんは

こちらもアマノジャクでして、無理だよな~、そうだよな~が多数をしめるとやってみたくなったりして・・・で、やってしまいました(笑)。

これも、叱咤激励のたまものと笑わせていただきます。
ありがとうございました(笑)。
【2007/09/23 22:34】 URL | 高○ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 天気晴朗なれどFC2, All rights reserved.
まとめ