FC2ブログ
VICTORY IN THE PACIFIC の28
なんだ?この箱絵は・・・
と思って購入したのは随分と昔です。40年近くたっていると思います。

急に思い立って、プラモを触らずにサイコロを振って過ごしたわけだが・・・

当時?(何時だ)としても、アバロンヒル(社名)・クラシックと分類されていたのではないか?(怪しい)
当初は英文ルールの訳が怪しくて説明不足だった。

札幌パルコのポスト・ホビーが主催した札幌初のボードゲーム大会(市民会館、最年少参加だった)で、
参加した大人の人のゲーム解釈がおかしいのを指摘したのは私だ!が、そんなことが人生の役に立つわけではない・・・

その後、数年経って、アバロンヒルの雑誌「ザ・ジェネラル」の関連記事の載っている号を数冊手に入れてから、
上手くプレーできるようになった。今、英語の文献を読めるのは、アバロンヒルのおかげだ(笑)

あの本はどこへいったのだろう?

ホビージャパンと木屋通商が並行して輸入していたので、入手機会は比較的長く多く最終的に3セット入手した。
最初のものはどこへ行ったやら?一昨日から触っていたのは2セット目、3セット目はまだ手つかずに残してあるんだな。
これは近々、所属模型クラブMMDの某H氏に押し付けて研究させようともくろんでいる。
ジイサンになって目が見えてたら、相手をさせようと思うんだな(笑)、覚悟しておいてくださいませね。


話を戻す・・・

なんだ!この箱絵は?だが・・・

手前の空母は「赤城」、奥の空母は「飛龍」だろう。艦橋の配置からほかの解釈はない。
ただ両艦がこんな近距離で同時に被害をこうむったわけではないので、あきらかに風景としては間違いだ。
「赤城」の艦橋の形も明らかに?おかしい・・・

ただ、アイキャッチとしての迫力はあるので、商品としてはありだろうな。
もとはケ○○向けの商品だし・・・

戦争が題材なのはあまりほめられたものでないが・・・
ボードゲームとしてのこれは、「エポック社の日露戦争」と「アバロンヒル社のThe Desart Campain」とならんで、傑作だと思う。数時間で終了するゲームがだんだんと無くなり、ビックゲーム志向になっていき、この分野は厳しくなっていったもんな。

そうそう・・・

これまでこの手のゲームで、いろんな方に遊んでもらったが、不思議と将棋や囲碁の有段者などの方に勝てたことが無い?なぜだ??
広さが限られてるからじゃない?とは、地学、天文分野へ進んだ友人のお言葉・・・

原発1基の完全破壊でこの範囲なら全滅だもんな・・・
スポンサーサイト







ちょっとだけ目を離した隙に、何ソロってらっしゃるんですか!
このゲーム、僕も持ってて、手軽なんでヒマな時によくソロしてます。
最近、日本のメーカーからよく似た感じの(でも全然違う)ゲームが出ました。
Isoroku's War だったっけ。
http://commandmagazine.jp/other/wghb/2012/index.html
購入したんですが、まだ開封してないなーw
【2012/06/20 23:51】 URL | 現役ゲーマー躍人参上 #-[ 編集]
現役ゲーマー躍人参上様(笑) こんばんは

ソロってる!そんなお言葉があるんですね~

この手のゲーム、長い引っ越し人生中でも離さず持って歩いてたり、コマンドマガジンをときどき購入したりとズ~とコッソリお付き合いしてきましたよ。

開封してない・・・あります(笑)
【2012/06/21 19:48】 URL | 高○ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 天気晴朗なれどFC2, All rights reserved.