日本の砲艦 丸スペシャル45 ・・・
まずは・・・
資料の読み込みである!?

30年以上前の本だが、このころは砲艦のキットが出るとは思いもしなかったな。

アオシマのキットの箱絵は白い「勢多」のようだが?
艦橋の様子、通風管の形、武装などからするとこの状態では白には塗られていない可能性がある。
艦橋の形状と通風管の形状、塗装状態がちぐはぐだ。
また、キットそのものは昭和15年ころの艦橋状態になっているので、箱絵とキットは状態が違う。

通風管の形状は改装後の状態の箱絵状のパーツがついているが、同型「比良」のそれは形状が違う可能性がある。
このあと出る「保津」「堅田」では通風管が改装されていない可能性がある。
などから、ラッパ状の通風管2本のパーツが欲しい。
箱側面の発売予定の「保津」「堅田」の箱絵ではそうなっているので、パーツがついているかも。

また、小さな機銃や追加装板などのパーツも欲しい。などと、余計なこと?に気づいた(笑)
太平洋戦争前から日中戦争は開始されているのですでに戦時だった。
一時搭載されていた15cm曲射砲のパーツも時期を特定して制作するのなら欲しいところだな。

このキットをストレートに作ると昭和13~15年くらいの時期の「勢多」の状態が一番近いと思う、
塗装は軍艦色、艦橋、砲塔周りには装甲板は最低でも追加だな。
装甲板は取り外し出来そうだがどうだろう?無しでありか?

モールドの状態も良く、細かい彫刻もありストレートでも十分雰囲気を楽しめる良いキットなのは間違いないですよ。でも、砲艦は「保津/堅田」のキットが出てパーツを見てから始めることにします。

代わりに何に手をつけようかな?

今度は資料はあけないぞっと(笑)

さて・・・

断続的な大雨が続いています。

台風はこれからこちらに近づいてくるのですが、明日の函館行きは大丈夫かしら?
いつも切符を買う近くの小さな駅の駅長さんから、明日函館行くんですか??~と言われてしまいました。
ダメならダメと言ってほしい(笑)

でも・・・仕事だからね。

試すだけはするんだな。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 天気晴朗なれどFC2, All rights reserved.
まとめ